Menu

ZEHZEHの取り組み

ZEHの取り組み

ZEH(ゼッチ)住宅とは?

ZEH(ゼッチ)住宅=ネット・ゼロ・エネルギーハウスとは、家の断熱性能を⾼めることで消費されるエネルギーを抑えると同時に、太陽光発電などでエネルギーを創り出すことで、住宅で消費される⼀次エネルギー(空調・給湯・照明・換気)にかかる費⽤を、トータルでゼロ以下にする住宅の事です。

経済産業省では、「2025年までに住宅会社の建築する注⽂⼾建住宅の過半数でZEHを実現すること」を⽬標とし、普及に向けた取り組みを⾏っています。

これからはZEH住宅が当たり前になり、少ないエネルギーで快適な暮らしができるようになりますが、そのためには家を建てるお客様にZEH住宅のことをもっと良くご理解いただくことが⽋かせません。

⽊村建設は「ZEHビルダー」に登録し、ZEH住宅の普及のために全社⼀丸となって取り組んでいます。

ZEH住宅ってどんな家?

高い断熱性機能、省エネ、太陽光発電を併せ持ち、光熱費を0に

ZEH住宅実現のためには、

  • エネルギーを無駄にしない、断熱性能の⾼い家
  • 省エネにつながる⾼性能な住宅設備
  • それらに必要な電気を太陽光発電などで創る

という条件をクリアして、年間の消費エネルギーを正味(ネット)でゼロにする必要があります。

もともと断熱性能にこだわり抜いてきた⽊村建設では、今までの仕様に太陽光発電を設置することでZEH住宅を建てることが可能です。

また基準をクリアしたZEH住宅には、最⼤で70万円の補助⾦が⽀給されます。詳しくは⽊村建設までお問い合わせください。

⽊村建設のZEH住宅 普及率⽬標

2020年度⽬標 2021年度⽬標 2022年度⽬標 2023年度⽬標 2024年度⽬標 2025年度⽬標
ZEHシリーズ受託率 45% 50% 50% 50% 50% 60%
達成率 8%
ZEHシリーズ
受託率
達成率
2020年度⽬標 45% 8%
2021年度⽬標 50%
2022年度⽬標 50%
2023年度⽬標 50%
2024年度⽬標 50%
2025年度⽬標 60%

ZEH(ゼッチ)住宅とは?

1.ZEHの周知・普及に向けた具体策
  • 弊社ZEH仕様モデルハウス、ホームページ、FaceBook、イベントチラシ、住宅雑誌への掲載などによって、ZEHについて⼀般の⽅にも理解しやすい⽅法で伝えます。また、寄付⾦制度を含め政府の取組みや必要性について周知・普及に努めます。
  • お客様とのファーストコンタクトより、ZEH仕様の住宅に住む事で光熱費の削減、ヒートショックの予防、結露防⽌することでカビの発⽣を抑えアレルギー症状も軽減し、快適な暮らしが出来るメリットをお伝えし、ZEHへの理解を求めていきます。
  • モデルプランを作成し、仕様やコストについてパネル等を⽤いて⾒えるかたちで提案していきます。
2.ZEHのコストダウンに向けた具体策
  • 以前より取り組んでいる「⾼断熱で健康的な⽊の家」をベースに、基本設計の段階からお客様の要望を第⼀に考え、敷地条件、採光と通⾵を検討し、最適な開⼝部の⼤きさを配置することで光熱費を削減します。また適切な発電量の太陽光発電を提案し、過剰に設備機器に頼らず効率の良い計画をすることでコストダウンをはかります。
  • プランを規格化し、⼿間や材料費を省き常に新しい情報を収集し、商品の選定を⾏いコストを抑えます。
  • 植栽を⽤いて建物周辺の外気温をコントロールし、室内への通⾵を促す提案をします。
  • 数字には表れないが空調設備に頼らない期間を⻑くすることで光熱費を削減します。
3.その他の取り組みなど
  • 社員のZEH関連の研修・勉強会を⾏い、お客様にわかりやすく適切な提案ができる体制をつくります。
  • 弊社モデルハウスにて温度・湿度を測定しデータ化しプランに役⽴てます。
  • アフター訪問を⾏い、お客様の声を聞き取り改善し品質と性能の向上を⽬指します。